こんにちは!ウクレレ講師の仲宗根です。
ウクレレには色んなサイズや種類があるのをご存じでしょうか。

 

一般的には小さい順からソプラノ、コンサート、テナー、と3つのサイズに分かれています。
ソプラノが一番小さくて、テナーが大きいです。

 

ウクレレはとてもユニークなのですが、
普通、ソプラノやテナーというのは音域を表すことが殆どです。
歌でもそうですね。ソプラノは高いパートでテノールはどっしりとした音域です。

サックスもリコーダーも、ソプラノとテナーでは音域の高さが違います。

 

ところが、ウクレレってソプラノもコンサートもテナーも
同じ高さでチューニングして使うことが一般的になっているんです。
単純にサイズの違いを表すことが多いんです。
あんまり他の楽器では聞かない特徴ですね。

 

ネックが長い分、同じチューニングだとテナーの方が
張りが強くなるので力強い音の傾向にあります。
ソプラノはコロコロと可愛らしい音色が魅力。
コンサートはその間くらいのバランス派、でしょうか。

 

自分の体格や目指す音をもとに選んでみると良いですね。

 

ウクレレ豆知識でした。

 

写真は最近僕が手に入れたエレクトリックウクレレです!
なんとギターアンプにつなげられる優れもの。
ウクレレも本当に色々なタイプのものがあって
見ているだけでも飽きません(笑)

 

51809

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
国立音楽教室
http://ktmusiclab.com/
住所:東京都国立市東1-8-5
国立豊武ビルB1F(クロスロードスタジオ内)
TEL:042-505-6605
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇